HOME > 投資家の皆様へ / 取引の基本 > 商品先物取引のしおり
商品先物取引のしおり−国内商品市場取引−
1.商品先物取引の特徴
商品先物取引とは、将来の一定期日に一定の商品を売り又は買いを約束して、その価格を現時点で決める取引です。
商品先物取引の特徴としては、以下の性質があります。
商品の価格をベースにした取引
将来の商品の価格動向をベースにした取引です。将来の一定の期限以前であればいつでも反対売買(※1)をして、取引開始時点と反対売買時点の商品価格の差額を清算して取引を終了することができます。このような取引を「差金決済」ともいいます。 また、「買い」だけでなく、「売り」からも参加することが可能ですから、価格が上昇しても、下落しても、どちらからでも取引を始めることができます。
 (※1) 反対売買:買っていたものを転売、又は売っていたものを買い戻すこと
証拠金取引
商品先物取引を始める段階で必要な資金は、全体の取引に必要な金額ではなく、「証拠金」という担保であり、これを預託することによって大きな取引ができます。すなわち、少額の資金でその何倍もの取引ができることから、レバレッジ(※2)による取引といえます。
(※2) レバレッジ:てこの原理
ハイリスク・ハイリターン取引
商品先物取引は、資金を効率的に運用できる取引ですが、反面、価格の変動次第では、預託した証拠金を上回る損失になる可能性もあります。したがって、ハイリスク・ハイリターンな取引といえます。
期限のある取引
株式の現物取引や預金等の資産運用と異なり、一定の期限が来ると商品の売買の約束を履行することになります(この期限のことを「限月」といいます)。したがって、品物を必要としない、資産運用のために商品先物取引を利用する場合は、一定の期限が来る前に反対の売買を行わなければなりません。国内商品取引所の上場商品の限月は、6限月制で、取引の期間は、約6カ月から約1年となっています。
<商品先物取引の損益計算例>

実際の売買には、委託手数料等の費用が発生しますので、ご留意ください。

東京金を約定値段4,500円/gで1枚(*)買建てた場合

・ 4,590円で転売(差金決済)すれば、1g当たり90円の利益
  ⇒ 1枚の取引単位は1s(倍率1,000倍)なので90円×1,000倍×1枚=90,000円となり9万円の利益
  (*) 枚:市場で用いられる取引の単位。
  1枚当たりの商品の取引単位はそれぞれの商品ごとに異なっています。

・ 4,440円で転売(差金決済)すれば、1g当たり60円の損失
  ⇒1枚の取引単位は1s(倍率1,000倍)なので−60円×1,000倍×1枚=−60,000円となり6万円の損失

大阪コメを約定値段13,000円/60sで1枚売建てた場合

・ 14,000円で買戻し(差金決済)すれば、60s当たり1,000円の損失
  ⇒1枚の取引単位は3,000s(倍率50倍)なので−1,000円×50倍×1枚=−50,000円となり5万円の損失

・ 12,200円で買戻し(差金決済)すれば、60s当たり800円の利益
  ⇒1枚の取引単位は3,000s(倍率50倍)なので800円×50倍×1枚=40,000円となり4万円の利益
2.リスク管理の重要性
商品先物取引に対する考え方
商品先物取引は、ハイリスク・ハイリターンに分類される運用手法です。このことが、ある投資家には魅力的である一方で、別の投資家にとってはデメリットにもなりえます。したがって、常に大きな危険と隣り合わせの取引であることを理解したうえで、自分の投資に対する考え方を整理して取り組む必要があります。
基本的にはリスクを避け、できるだけ低リスクで高リターンが望ましいことです。もちろん高い安全性と高い収益性を兼ねた金融商品など存在しませんが、同じリスクを享受するのであれば、より高いリターンを期待するわけです。逆にいえば、それほど高いリターンを望まなければ、高いリスクを取る必要もありません。
商品先物取引のリスク
@
価格変動リスク
商品先物取引の価格については、現物商品の価格動向によって変動します。また、現物商品の価格については、商品の需給動向や国際情勢等の様々な要因によって変動します。
A
金利変動・為替変動リスク
商品先物取引で取引する商品については、金利変動により預金や債券などの投資商品の価値が相対的に変化することに伴い、商品の価格も変動することがあります。また、為替変動により、外国における外貨建ての商品の価格が変動していなくても、円建てでみると商品の価格が変動することがあります。
米ドル建ての金価格 35 ドル/g ⇒ 35 ドル/g
米ドル/円の為替 1 ドル/120 円 ⇒ 1 ドル/119 円
円建ての金価格 4,200 円/g ⇒ 4,165 円/g
B
流動性リスク
商品先物取引については、例えば、買建の場合には、納会日までに決済(売り決済、反対売買)することにより、市場から退出すること(差金決済)ができます。その際、市場の流動性が低い(取引相手が少ない)場合には、取引がお客さまの希望する価格やタイミングで成立しない場合があります。 また、差金決済を行わない場合には、現物商品の受け渡し(現物決済)を行う必要が生じます。現物商品そのものの受渡しとなりますので、買建てのお客様は代金を渡して現物商品(倉荷証券)を受け取り、売建てのお客様は現物商品を渡して代金を受け取ります。
リスク管理の基準
商品先物取引のリスクについては、事前にしっかり理解しておくことが非常に重要です。
まとめ
具体的事例としては、相場の悪化により値洗い損が増大した場合、証拠金不足が発生して追加の証拠金を1回だけでなく2回、3回と預託する可能性があります。相場の反転を期待して建玉を維持するために証拠金を預託するか、それとも損は損として見切りをつけて建玉を反対売買し決済すべきか、証拠金不足となりさらに預託が必要になったときは、これを判断する良い機会です。沈着冷静に、特に投資家自身で損失を被っても生活に支障のない範囲として設定した投資可能資金額のうち、どの程度まだ余裕があるのかをきちんと考慮して、対処することが肝要です。
3.情報収集の重要性
商品価格の変動には、様々な要因が影響しています。ここでは代表的な商品である金に例をとって「景気動向」、「商品の需要と供給」及び「為替レート」について説明いたします。
景気動向の観察
金価格を例にとってみると、かつては景気の良いときには金価格は下がり、景気の悪いときには金価格は上昇する傾向にありましたが、近年では金融商品や投資対象及びインフレ・ヘッジ手段の高度化や多様化により、上記の傾向のとおりにならない場面が見られます。株式投資をするのと同様に、景気動向は非常に大事な価格変動ファクターなので、取引の際には、景気動向も見ておく必要があります。
商品の需要と供給
金そのものに対する需要と供給でも価格は変動します。短期的にはヘッジファンドなどの投機筋の動きの影響を大きく受け、長期的な動きでは金の宝飾需要や工業用、各国の中央銀行による公的保有政策などに対し、金の生産量・埋蔵量のバランスで変動します。
為替レートの影響
世界の金先物取引の中心地はニューヨークで指標価格となっていますので、日本で商品先物取引をする場合には、米ドルと円の換算レートの動きも大きく影響してきます。
まとめ
このように金だけでも金融市場や為替市場を含めた幅広い視野をもった相場観が問われます。オイルであれば、中東地域の地政学リスクなども価格変動の大きなファクターですし、穀物であれば、世界の天候や作付け状況といった固有の事情も絡んできます。
また、商品価格に影響を及ぼす各種指標の内容及びニュースなどは、国内のみならず、海外の話題について、インターネットを使うことで、比較的容易に入手できるようになりました。投資判断をする上で、重要な情報収集にネット普及が一役買っています。


※ 商品先物取引の初心者向け情報の入手先につきましては、下記をご参照ください。
商品先物取引に関する入門書
めちゃくちゃ売れてるマネー誌ZAIが作った「商品先物取引」入門(ダイヤモンド社)
http://www.diamond.co.jp/book/9784478023730.html
商品先物取引の初心者向けCX教室の開催
初心者のためのCX教室(東京商品取引所)
http://www.tocom.or.jp/jp/nyumon/cx/index.html
上場商品の基礎知識に関する冊子(管理グループ(研修登録担当):03-3664-4734)
コモディティハンドブック 貴金属編(日本商品先物取引協会)
コモディティハンドブック 石油・ゴム編( 同 上 )
コモディティハンドブック 農産物編( 同 上 )
4.国内商品取引所
商品取引所名 所在地(ホームページアドレス)
上場商品
電話番号
株式会社東京商品取引所 〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7
http://www.tocom.or.jp/jp/
03-3661-9191
貴金属(金、金ミニ、東京ゴールドスポット100、銀、白金、 白金ミニ、パラジウム)、ゴム、石油(ガソリン、灯油、 原油、軽油)、中京石油(ガソリン、灯油)農産物(小豆、 一般大豆、とうもろこし)
大阪堂島商品取引所 〒550-0011 大阪府大阪市西区阿波座 1-10-14
http://ode.or.jp/
06-6531-7931
農産物(とうもろこし、小豆、米国産大豆、コメ)、
砂糖(粗糖)、農産物・飼料指数(国際穀物等指数)、
水産物(冷凍えび)
東京商品取引所の金ミニ、東京ゴールドスポット100、白金ミニ、原油の取引方法は 現金決済先物取引です。
東京商品取引所の東京ゴールドスポット100は他の上場商品と異なり、限月制ではなく 毎営業日終了の時点をもって取引の期限が到来する限日取引という制度を採用しています。
5.ご相談、ご質問窓口
@
電話やFAXなど、勧誘を止めてほしい。
A
理解していないのに、契約をしてしまった。
B
取引中(前・後)だが、いろいろな疑問ある。など

商品先物取引に関するお問い合せ・ご相談などについては下記にご連絡下さい。


日本商品先物取引協会  相談センター連絡先
【 電話の場合 】  03-3664-6243
【 WEBの場合 】 相談センターのご案内
【 郵送の場合 】 〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1丁目10番7号


・ 電話による受付時間:月〜金曜日(祝日を除く)9:00〜12:00、13:00〜17:00
・ 直接協会へご来訪の場合には事前にお知らせください。