HOME > 投資家の皆様へ / 取引の基本 > 外国商品市場取引の特徴及びリスク
外国商品市場取引の特徴及びリスク
1.外国商品市場取引の主な特徴
外国商品市場取引とは
外国の取引所に開設されている市場で行われる商品先物取引を意味します。
外国商品市場取引の概要
外国商品市場取引は、国内商品市場取引と同じ商品デリバティブ取引ですが、異なる点も数多くあります。
取引所及び上場商品
外国商品市場には多様な上場商品がありますが、一般投資家が取引できる代表的な商品は、次のとおりです。
CBOT(シカゴ商品取引所)     :     とうもろこし、小麦、大豆、もみ米など
COMEX(ニューヨーク商品取引所     :     金、銀、銅など
NYMEX(ニューヨーク・マーカンタイル取引所)     :     WTI原油、天然ガス、ガソリン、ヒーティングオイルなど
なお、実際に取引できるのは商品先物取引業者が指定している商品です。
取引時間
取引時間は取引所の商品ごとに定められ、商品先物取引業者によって異なる場合があります。また、突然の発表により変更になることもありますので、商品先物取引業者が発表する情報に十分ご注意ください。
証拠金
各外国商品取引所が発表するイニシャル証拠金(発注時証拠金)、メンテナンス証拠金(維持証拠金)およびSPAN(シカゴマーカンタイル取引所が開発した証拠金計算方法)をもとに商品先物取引業者が定めます。
突然の発表により証拠金が変更になることもありますので、商品先物取引業者が発表する情報に十分ご注意ください。
顧客の資産保全
商品先物取引法により、商品先物取引業者が信託銀行等と金銭信託契約を締結し、信託保全されています。
税金について
個人の場合、外国商品市場取引による利益は、国内商品市場取引の場合とは異なり、一般に雑所得又は事業所得として総合課税の対象となります。
※ 顧客によって取扱いが異なる場合もありますので、詳しくは、お近くの税務署や税理士等にお問い合わせください。
注文の流れについて
商品先物取引業者が外国の商品取引所の清算会員になっていない場合には、商品先物取引業者が外国の商品取引所の清算会員たる商品先物取引業者に注文を取次ぎ、当該商品先物取引業者から商品取引所に注文が発注されます。
2.外国商品市場取引に伴うリスク
外国商品市場取引は少額の証拠金で大きな金額の取引が可能であるため、多額の利益が生じる可能性がある反面、元本や利益が保証されるものではなく、預けた証拠金の全額を上回る損失が発生するおそれがあります。
取引を行う前には、契約締結前交付書面等の内容を最後まで十分に読んで、外国商品市場取引を注意深く研究してその仕組みや危険性を十分に理解する必要があります。その上で、あなたの余裕資金や理解度等を踏まえて、あなたの責任と判断で取引を行う必要があります。
外国通貨と円との為替相場の変動によって、予想外の損失が発生する可能性があります。
外国商品市場取引の取引開始に当たっては、以下のリスクについて十分に把握する必要があります。
電子取引システムリスク
顧客、商品先物取引業者、取次業者及び取引所を結ぶ通信回線やシステム機器等に障害が発生した場合等には、情報配信、注文の発注等が遅延、不可能になる場合があります。
価格変動リスク
上場商品の価格の変動によって多額の利益を生じる可能性がある反面、多額の損失が発生する可能性があり、証拠金の全額を上回る損失を被る可能性があります。
流動性リスク
原資産や市場の急激な流動性の低下により決済による注文を執行することや新たな注文を執行することができない可能性があります。
信用リスク
商品先物取引業者および取次業者等の業務や財務の状況の悪化等により、証拠金の一部又は全部が返還されず、損失を生じるリスクがあります。
カントリーリスク
外国の政治、経済、社会情勢の変動によって大きな影響を受けることがあります。
為替リスク
外貨建ての外国商品市場取引では、為替リスクが発生いたします。
ロスカットに伴うリスク
ロスカットは損失額の拡大防止を保証するものではなく、相場が急激に変動した場合等には、損失額が一定額に収まらないばかりか更に拡大し商品先物取引業者に預け入れた証拠金を上回る損失が発生する可能性があります。

(注)上記の事項は一般的なリスクを記載したものであり、このほかにも様々なリスクが想定されます。
外国商品市場取引は、取引所や商品先物取引業者によって制度や取扱商品など違いがありますので、留意することが必要です。
インターネットで取引を提供している商品先物取引業者にあっては、インターネットで所定の手続きをする必要があり、連絡も一般的に電子メールやWebサイトを通じて行われるため、インターネット環境やパソコン等の操作知識、ご自身のメールアドレス等が必要となります。

(なお、お問合せ等につきましては、以下の連絡先までお願い申し上げます。)
日本商品先物取引協会  相談センター連絡先
【 電話の場合 】  03-3664-6243
【 WEBの場合 】 相談センターのご案内
【 郵送の場合 】 〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1丁目10番7号


・ 電話による受付時間:月〜金曜日(祝日を除く)9:00〜12:00、13:00〜17:00
・ 直接協会へご来訪の場合には事前にお知らせください。